知っておいて損はない!役立つリサイクルに対する知識を学びましょう

>
この記事をシェアする

家電リサイクル法について知っておこう

どういう仕組みになっているの?

新しく家電を買った時に古いものをお店に処分してもらう時の流れは、お店で商品を購入時にあらかじめ申し込んでおいて、商品代金と一緒にリサイクル料金を支払っておき、配達時に新しい商品と交換にいらないものを引き取ってもらうという方法が一般的です。

メリットは配達時に回収してもらえるので、新しい商品と古い商品の入れ替えの時間差がなく生活に不便が生じにくいこと、回収時の運送費がかからないことが多いということです。ただし、配達料金などはお店の決まりやサービスによって変わってきますし、リサイクル料金は規定どおり必要なことが多いので事前に確認が必要です。
大型家電以外でも、店舗に持ち込んで料金を払えば引き取ってくれる場合が多いのでお店に問い合わせてみましょう。

店舗で回収した商品は、家電を作ったメーカーに返却され新しい製品となって生まれ変わってきます。

家電量販店に依頼する時に注意したいこと

家電量販店で処分を依頼する最大のメリットは手軽であるということです。
品物の搬入と処分がほぼ同時に行うことができ、作業員によって一度に作業してくれるので大変楽にできます。
ただ、料金のことを考えると一番いい方法ではないかもしれません。

処分には大抵規定のリサイクル料金の支払いが必要になります。
値引き交渉などで、うまく代金から値引きされても得をするというほどではありません。

あとで詳しく説明しますが、少しでも得に商品を処分する方法は「リユース」です。
商品次第ではそのまま処分したい品物を買い取ってもらうことが出来ますのでお金を払うどころか利益を得る可能性があるということです。
ショップの見積もりやネット販売での手間が惜しくない人は先に検討してみるのも良いと思います。


Copyright © 自治体に頼む?業者に頼む?正しいリサイクル依頼の仕方. All Rights Reserved.

TOPへ戻る